入れ歯

2016.12.07



お日様がてっぺんに昇る頃に

目を覚ますキミは

まさに天使だった

懐かしいねって 撫でる頭は

白髪で真っ白 朝の五時


嬉しいことも全部

悲しいことも全部

知ってるんだ あぁ 知ってるんだ

もう一体何年

一緒だと思ってるんだ?


Show Me キミの入れ歯を見せて

それだけでいい だって僕の恋の

賞味期限は とっくに切れた

でもキミのこと

たまらなく愛してる



四六時中 キミにクラクラな

あのときの僕は 可愛かったな

懐かしいねって 笑った顔は

シワシワだらけね 午後三時


ダメなとこも全部

イヤなとこも全部

知ってるけど あぁ 知ってるけど

もうキミ無しじゃ

生きていけそうもないや


Show Me キミの入れ歯を見せて

それだけでいい

何も言わなくても

賞味期限の 切れた恋なら

ホントの愛も

見つけられるでしょう



ほら キミと手を繋いだら

蘇るでしょう ネオンと歩道橋

でも いつか 忘れちゃうかな

蛍の夜の あのときめきを


Show Me キミの入れ歯を見せて

誰よりずっと 側にいる僕に

賞味期限は とっくに切れた

でもこの先も 雲の上でも

フタリのままでしょう